<< 養蜂家トレバーさん訪問 その3 | main | グリーンカーテンに挑戦 その1 >>
0
    養蜂家トレバーさん訪問 その4
    今回はトレバーさんの巣箱の様子をご覧ください。

    よく見ると蜂の巣箱ってたいてい二個ずつ台に乗ってますよね?
    これには理由があるんだそうです。


    ナゼかというと、最初に朝日の当たった巣箱のみつばちたちが
    「よし、朝だ!仕事に行くぞ!」
    と活動し始めると、隣の巣箱のみつばちたちも
    「負けちゃいられない!こっちも仕事開始だ!」
    と活動を始め、二つの群れは競争して蜜を集めるのでとても効率が良くなるのだそうです。
    養蜂家はこうした本能的な性質を利用して仕事をしているのですが、「ホントに良く造られているよね」とトレバーさんも感心。

    いよいよ巣箱を開けてくださいます。みつばちがぶんぶん飛びかかってきても平気な様子。


    フタを開けると中には…新鮮なはちみつがいっぱい!!
    蜜ロウを壊してテイスティングまでさせてくださいましたが(みつばちさんゴメンなさい!)蜜はまだ熟成途中で粘度が低く、とてもジューシー。
    甘さ控えめの花の蜜そのままという感じでした。


    このあとみつばちは羽ばたきで水分を飛ばし、みつばちの口から分泌された酵素の働きではちみつが分解・熟成されておいしい生はちみつが完成するのです。

    みつばちの病気や抗生物質のことについても聞いてみました。
    確かにオーストラリアにもみつばちの病気があり、抗生物質を与えて治療する方法もありますが、トレバーさんたちはオーガニックを守ることにこだわっていて、みつばちに病気が見つかると思い切ってその群れを焼却してしまうそうです。
    かわいそうなことですし、そのあとの群れの回復にも時間がかかるのですが、長い目で見てこれが最善の方法だとおっしゃっていました。


    最後に、養蜂のお仕事でいちばんタイヘンだと思うことは?と聞くと、
    「花の多いシーズンには、半径150劼忙矯澆垢觝量地からはちみつを集めるために、早朝から夜遅くまで通い詰めで働かねばならないことかな。」
    ではこのお仕事をやっていていちばんうれしいときは?
    「そりゃあ巣箱を開けた時にはちみつがいっぱい詰まっているときだよ!」
    と笑顔で答えてくださいました。

    トレバーさん、貴重なお時間を割いてくださり、本当にありがとうございました!!


    近くのビーチを見てから帰り道を走っていると、道路をハリネズミがのんびりと横断!クルマを止めて写真を撮ろうとしたら木の根元でこんなふうに丸まってしまいました。


    そのあと通りかかった牧場ではカンガルーの群れが牛の群れの間をジャンプ。


    豊かな大自然の贈り物、オーストラリアの天然生はちみつは、このような場所ではぐくまれているのです。。。
    | 養蜂家トレバーさん訪問 | 06:19 | comments(0) | - | - | ↑TOP
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE